運動が効果的

血液

日常生活でできること

ヘモグロビンa1cの数値は糖尿病と深く関係していて、ヘモグロビンa1cの数値によって糖尿病の進行度合いや合併症の発症のリスクなどを予測することができます。そのため、ヘモグロビンa1cの数値を改善することが効果的な方法であると言えます。ヘモグロビンa1cの数値を下げるということは糖尿病のリスクを減らすことにもつながります。糖尿病と深く関係している臓器である膵臓の機能は年齢と共に低下していくことからも、気づいてから見直すのではなく早め早めに改善していくことがポイントと言えます。ヘモグロビンa1cの数値は血糖値とも関係しています。つまり、改善していくためにはまず生活習慣の見直しがポイントとなります。まずは運動です。体を動かすことによって、血液中の糖をエネルギーに変換することができます。つまり、赤血球の成分であるヘモグロビンと糖が結合しにくくなります。結果としてヘモグロビンa1cの数値を下げることができます。運動と言っても走ったりする激しい運動を行います必要はなく、いわゆる有酸素運動が効果的です。なので自転車に乗るなど軽めの運動が良いです。なお、運動する時間がないという場合でも日常生活の中で工夫すれば体を動かすことができます。例えばエレベーターを使わずに階段を使用する、通勤のときなどにひと駅分歩いてみるなどするだけでも十分です。このように意識して体を動かすことが効果的なヘモグロビンa1cの数値を下げるために有効です。