食事と運動が大事

女性

重要視される数値

ヘモグロビンa1cとはどのようなものであるのかというと、血液の中の赤血球の成分であるヘモグロビンがどのくらい糖と結合しているかを示す数値となっています。糖とどの程度結合しているかを示す数値ということなので血糖値と関係している数値でもあり、糖尿病のときにチェックされる数値でもあります。健康診断においてヘモグロビンa1cの値が基準値を超えている場合には検査が必要となります。血糖値との違いについてですが、血糖値は食事の量を調節することによって下げることが可能です。糖尿病の場合、血糖値が検査されますが検査の前の日などに食事を控えるなどすることで下げることができる一方で、ヘモグロビンa1cの数値は食事量を減らしただけで変化するものではないので、より正確な症状がわかるために重要ということになります。ヘモグロビンa1cは過去1か月から2か月の血糖値の数値によって上下するものであり、ヘモグロビンa1cの数値を見ることによって過去の血糖値についても知ることができます。そのため、血糖値を意識することよりもヘモグロビンa1cの数値を下げることが糖尿病予防、あるいは進行を防ぐためには重要と言えます。そのために必要なこととして挙げられることは、食事と運動です。糖分の多い食事を控えることは大事ですが糖分が吸収されにくいような食材を選ぶことや食べ方を意識することがポイントです。また、無理せずできる範囲で運動をすることがポイントです。