女性

食事と運動が大事

ヘモグロビンa1cはヘモグロビンがどの程度糖と結合しているかを示す数値であることから、糖尿病の診断において非常に重要視されている数値です。普段の生活においてヘモグロビンa1cの値を下げるように取り組むことがポイントです。

ヘモグロビン

糖尿病に関して

赤血球の中のヘモグロビンと糖の結合割合を表す数値と表わされるのが、ヘモグロビンa1cです。ヘモグロビンa1cは、採血によって数値を把握することが出来ますが、急な食事変更によって下がるものでもないため、注意が必要です。そのため、日頃から食事や運動などに気をつけることが大切です。

生活習慣が大切

男の人

どのくらいが正常値

ヘモグロビンa1cというのはどういうものか知っていますか。ヘモグロビンa1cというのはグリコヘモグロビンともいわれていますが、欠陥の中にはヘモグロビンがブドウというと結合したものになります。糖尿病の人もいますが、この値に注意をする必要があります。タンパク質のヘモグロビンは赤血球の中にありますが、体内で酸素を供給しながらブドウ糖と結合をしていきます。そのために余ってしまった糖が多いとヘモグロビンA1cがどんどん増えてしまいます。ヘモグロビンa1cの正常値はどのくらいがいいのかというと、4.6〜6.2%になるので、6.5%以上の数値だった場合には糖尿病の疑いがあります。疑いがあるからといって糖尿病と判断することはできませんが、可能性は高くなってくるので、ブドウ糖負荷試験などを行っていきます。ブドウ糖負荷試験で8.4%以上という結果の場合には合併症の危険性もあるので、注意が必要になってきます。HbA1cがなぜ高くなってしまうのかというと血液中にブドウ糖がありますが、ブドウ糖が余ってしまっている状態になります。この値は前日に食事制限・運動をしただけでは左右されないので、普段の生活習慣が大切になります。日頃の生活に気を付けることが重要になります。HbA1cが高くなってしまうと合併症の危険性が出てくるので、生活習慣を改める必要があります。このままの生活を続けているとどんどん数値が悪化してしまうので、生活習慣を改めるようにしましょう。特に食生活においては、栄養バランスがしっかり整った食事を行なうことが大切です。しかし、メニューのバリエーションに困るという人はヘモグロビンa1cを下がる効果のあるサプリメントや健康食品などを利用するとよいでしょう。サプリメントや健康食品などは、不足しがちな栄養素を補うサポートをしてくれるため、バランスよく栄養を摂取することができます。しかし、数多くの種類が販売されているため、含まれている成分などをしっかり確認してから購入するようにしましょう。

血液

運動が効果的

ヘモグロビンa1cの数値を下げることで糖尿病のリスクを下げることができます。効果的な方法のひとつが運動です。激しい運動ではなく有酸素運動が効果的であり、階段を使うなど日常生活でも簡単に取り入れることができます。